セミナーへの申し込み
qm-logo

 

下記の中から日付を選択してください。

申し込みされるセミナー名 (必須)

お名前 (必須)

会社名 (必須)

役職 (必須) ※記載するものが無い場合は「なし」とご入力ください。

業種 (必須)

例)農業,林業、漁業、鉱業.採石業,砂利採取業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業,郵便業、卸売業・小売業、金融業,保険業、不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス業、宿泊業,飲食店、生活関連サービス業,娯楽業、教育学習支援業、医療,福祉、複合サービス事業、その他サービス業、公務

メールアドレス (必須)

緊急連絡先 (必須)

※半角数字(「-」有り無しはどちらも可能)で入力してください。日本語モード(全角文字)になっていないかをご確認ください。

お支払い方法 (必須)
お手数ですが、事前の銀行振込にご協力をお願いいたします。

ご紹介者

参加された方の感想

●サービスの見直しを行いたい。感動工場の考えを社員に伝えて理解してもらいたい。(山本悟様)
●ライバルを圧倒する仕組みがとても参考になった。カウンセリング、研修、人材派遣等、各業界についても非常に競合が多いため、今後他社との差別化の研究をしたい。(J.I様)
●相手の立場になって、もらったら嬉しい楽しいと思えるものを考える時間がとても有意義だった。
他の参加者と一緒に考えるのは刺激的。(北村浩彦様)
●今後、コンタクトをまめに取り、会社や人を知ってもらい、言葉に意味を持たせてお客様に感動していただくように努めたい。(日吉邦益様)
●冒頭の3つの事例が本質的な話で引き込まれてました。また実例中心だったのでとても参考になった。営業力革命3つのカギやワークの大研究は今後社内で実践していきたい。(佐藤貴弘様)
●スタートさせる新サービスを細分化して、工夫できる点が見つかった。細分化すると改善できるという体験ができて早速アイデアが出てきてます。貴重な話に感謝です。(Y・H様)
●感動カンパニーをめざして感動工場を社内に作りたい、お見積書などに何かの感動を入れて行きたい、社内で大研究をやっていきたい(S・Y様)
●否定的な言葉を使う回数を少なくするとともに3年前と比較して自信の反省をしみてみたいと思います(匿名)
●現在、実践していることへの再認識と自身が持てた。喜びを相手に届けることはその相手を想うこと!
その喜びは返ってくれば更にまた次のステップの喜びへと進歩していくサイクルをどれだけ廻せるかがとても大事!(柳伸広様)
●顧客満足や感動が重要なことはわかっていたが「感動工場」という部署を作って取り組むという発想はなかったので新鮮でした。実践している会社の取り組みも具体例として参考になりました。(富田啓一朗様)
●人材も育てるための環境や営業力としての観点を少し変えるだけでたくさんの考え方が生まれると分かり色々勉強になりました。ありがとうございました。(小山義朗様)
●感動がお客様を動かす、感動を与えることがビジネスにも人間力にも重要だということを再認識させられました。よく考えて行きたいと思います。(大内純様)
●とても頭の中が整理されました。まずは感動を発案を楽しむことが大切だと改めて考えました。当社スタッフにはとても刺激になったと思います。ありがとうございました。(塚本さやか様)
●大変わかりやすかったです。経営の柱とはどういうものかというのがわかりました。お客様の喜び、それをいかに提供できるか、がとても大切なことだなと思いました。まだまだどういうものが提供できるか案が出てこないのですが日頃から今後アンテナを張っていきたいと思います。本日はありがとうございました。(A・T様)
●営業は商品を売るのではなく感動をお客様に感じていただくものなんだなと思いました。女性の強みを知ることができました。(菅原孝紀様)
●今までの振り返りになった。常識を破るこのキーワードは今後のテーマにしたい。女性社員のモチベーションにも繋がる内容だった。(伊藤秀一様)
●「感動」を本気で考えると、お客様のためだったのにいつの間にか自分自身も楽しくなったことが驚きでした。お客様も自分自身も喜ぶような「感動」をチーム全員で作り上げていきたいです。殺鼠k代表にアイデアを伝えます。ありがとうございます。(佐藤央歩様)
●今回4回目の受講になります。お客様の評価はライバルとの比較によって決まる」我々司法書士業界は仕事の結果が登記ということで、どの司法書士に頼んでも同じことになるため差別化が難しい業務ですが、感動によって差別化するという視点を持つことができました。ありがとうございました。(佐藤貴弘様)
●女性社員を活用しきれていない保険代理店経営者に案内したい(浦瀬孝行様)
●当たり前のことを当たり前に実行することの困難さ。喜ぶことの尊さに気づいた。(鍋島誠吾様)
●喜びのサイクルの話が特によかったです。お客様の家族も知ることによってより相手を喜ばせる方法が見えてくるのだ気づきました。今後活かしていきたいです。貴重なお話をありがとうございました。(樋田かおり様)

 

下記の中から日付を選択してください。

申し込みされるセミナー名 (必須)

お名前 (必須)

会社名 (必須)

役職 (必須) ※記載するものが無い場合は「なし」とご入力ください。

業種 (必須)

例)農業,林業、漁業、鉱業.採石業,砂利採取業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業,郵便業、卸売業・小売業、金融業,保険業、不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス業、宿泊業,飲食店、生活関連サービス業,娯楽業、教育学習支援業、医療,福祉、複合サービス事業、その他サービス業、公務

メールアドレス (必須)

緊急連絡先 (必須)

※半角数字(「-」有り無しはどちらも可能)で入力してください。日本語モード(全角文字)になっていないかをご確認ください。

お支払い方法 (必須)
お手数ですが、事前の銀行振込にご協力をお願いいたします。

ご紹介者

無料プレゼントのお申し込み

egokui_s
無料プレゼント!営業革命極意書
メールアドレス