最新記事

偉大な経営者すべてに通じる得意技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な経営者すべてに通じる得意技

2019年も終わりが見えてきました。足元を固める意味でもQM‐Eastが大切にしている基本の哲学から「ごの深堀」について考察してみたいと思います。ビジネスは人と人との関係性の中でのみ育まれます。出会いを、ご縁をいかに活かすか・・、言い換えるとどのように考えるか、どんな構えを持つかがカギとなります。

少し前のことですが、ある若い経営者がユニークなビジネス展開していました。面白いアイデアなのでいろいろお話を聞きしながらその展開・発展を楽しみにしていたのですが、その後間もなく経営が行き詰ってしまったのです。

実はこの若い社長にお会いした時、熱量というものが感じられませんでした。絶対に企業の役に立つという使命感、このビジネス成功させたいという、そのためには一人でも多くの方に理解してもらって応援してほしいという気持ち、という意味での熱量です。話す相手立場経験も違う人生先輩がほとんどなわけですから、教えを乞う姿勢や甘え上手になることが大切です。相手との土俵が違えば違うほど関係性構築には①お役に立つこと ②喜ばれること ③かわいがられること等がとなるはずです。

言い換えると、「お役に立てることがあれば何でも言ってください」という姿勢、「君はなかなかやるね、こんなことをしてもらったの初めてだ!」と言われる感動喜びの提供、「教えて下さい!カバン持ちさせてください」という心意気、ということです。

立場年齢が違う場合であればあるほど、実力が違ってもにこうしたことが本人の魅力となって存在感を大きくするのです。例えばQMーEast研修修得する感動の必殺技はこうした関係フックをかけるためにもとても有効です。そしてもうひとつ大切なことは上記①②③の「心のあり方」を通してこの人を成功させてあげたい、応援してあげたいと相手に思ってもらうことです。人は優秀であるほどつい相手と同じ土俵に立とうと考えがちですが、歴史に名を残している偉大経営者はもちろん、成功されている方は皆、熱量豊かな甘え上手であることを忘れてはなりません。


上記の記事は弊社の根幹となる哲学「喜びの帝王学」を基にしています。   egokui_s
この喜びの帝王学を探求する手引書「営業革命極意書(著:矢部廣重、本体価格1,718円+税)」の内容をメールでお届けします。登録無料ですので是非ご登録ください。
【登録無料】『営業革命極意書』をプレゼント!
メールアドレス      




 

関連記事

無料プレゼントのお申し込み

egokui_s
無料プレゼント!営業革命極意書
メールアドレス