最新記事

部下の「最強の能力」を発揮するために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部下の「最強能力」を発揮するために

 

ビジネスにおける最強能力とは何でしょう。テクニックのことを思い浮かべるかもしれませんがそうではありません。その答えは「諦めない」という情熱です。

継続は力なり」というビジネス至言があります。QM的には「継続は命なり」「継続はすべてなり」とも表現し、とても大切なこととして扱っていますが、「継続」と「諦めない」とはニュアンスが違います。

継続ルーティーン仕組み習慣などと近い意味があります。考えなくてもできるようになる場合がそうですし、続けること自体に意味があります。それを続けることによって何かを成し遂げる、磨き上げる、深めることができるものです。

それに対して「諦めない」というのは思い世界観です。どうしてもそれを成し遂げたい、という自分を強く動かす動機が存在しています。が描けている、目的が明確である、他人社会貢献できる、そんなリアルな思いが「諦めない」という言葉には潜んでいます。

壁にぶつかったり、なかなか成果が出ない時、人はそのできない理由を自分以外のせいにして諦めようとします。やらなくてよい理由を見つけようとします。諦めない能力発揮するためには強い動機が必要です。これを成し遂げればいかに社会幸せになるか、周囲が喜びに満ち溢れるか、達成すれば感動を分かち合えるか、が明確なほど諦めない動機になります。

この諦めない心発揮するためには経営理念共有がまず第1でしょう。同時に若い社員がどこに向かっていこうとしているのか、なんのために仕事をしているのかという目的上司共有していることが大切です。言葉に出して確認し励ましあうことによって「諦めない」気持ちが「継続は力なり」と合流します。


上記の記事は弊社の根幹となる哲学「喜びの帝王学」を基にしています。   egokui_s
この喜びの帝王学を探求する手引書「営業革命極意書(著:矢部廣重、本体価格1,718円+税)」の内容をメールでお届けします。登録無料ですので是非ご登録ください。
【登録無料】『営業革命極意書』をプレゼント!
メールアドレス      




 

関連記事

無料プレゼントのお申し込み

egokui_s
無料プレゼント!営業革命極意書
メールアドレス