最新記事

天と地の差を創る言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天と地の差を創る言葉

2020年が始まりました。人は年の初めに「よい年になりますように」と願います。

神社に行くと開運と書かれた365のおみくじが並んで売られています。商売であることはわかっていても、自分の誕生日の開運おみくじを買ったり祈ったりすれば、どの日の生まれであっても開運がやってくるのだろうか?と軽い違和感を感じたりもします。

心のやすらぎのためですからそれもありかもしれません。しかし、基本的に開運外因に頼るのではなく自分の内にとらえなければならないと思います。事象としてはどんなことがあったとしても考え方受け止め方次第でも不幸も感じられる、のではないでしょうか。

そこで胸に刻んでおきたいのが都合の悪いことが起きた時に「なぜこのことが起きたのか?」と考えるのでなく「何のためにこのことが起こったのか?」という学びとしての捉え方。

なぜ?は基本的に過去にフォーカスした原因探しです。あいつが悪い、社会が、環境が、会社が、あのが、と他に責任を押し付けがちです。根底には「自分は悪くないのにどうしてこんな目にあうのか・・」という考えが潜んでいます。このスタンスでいる限りストレスは溜まります。

それに対して、何のためにこれが起きたのか?は自分成長のため、という未来志向です。
成長繁栄のために必要な学び・気づきが得られるというとらえ方この問題を解決すればこんな素晴らしい成長が見込める等の建設的解釈が生まれます。自分の周りで起こる出来事は全て自分、・・自分責任がある、自分学びのためにある、という立場をとればイライラはおきません。

言葉一つの差ですが、腹に落としこめば大きな差となります。2020年、周囲で起きる全てのことの原因自分にある、大きく学ぶ年!と考えて臨むと世界が広がるのではないでしょうか。

素晴らしい1年が始まりました!本年もよろしくお願いいたします。


上記の記事は弊社の根幹となる哲学「喜びの帝王学」を基にしています。   egokui_s
この喜びの帝王学を探求する手引書「営業革命極意書(著:矢部廣重、本体価格1,718円+税)」の内容をメールでお届けします。登録無料ですので是非ご登録ください。
【登録無料】『営業革命極意書』をプレゼント!
メールアドレス      




 

関連記事

無料プレゼントのお申し込み

egokui_s
無料プレゼント!営業革命極意書
メールアドレス