最新記事

これからの時代の重要キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの時代の重要キーワード

企業クライアントの関係性で今後ますます大切になるのは「寄り添う

今までは「向き合う」時代であったと思います。膝を交えてコミュニケーションする、向かいあって対話する、マニュアルに沿って丁寧な対応をするこうした向き合い方も確かに大切ですが、これからの時代は相手自分が同じ方向を向いてサービス、対話、ビジネスを進めていくことが求められるのではないでしょうか。

発展しているお店観察しても商品施設ハードを通して一方的に喜びを与える世界から、いかに相手気持ち寄り添うかを重視する傾向へ向いています。例えばスターバックス、猿田彦コーヒーなど美味しいコーヒ-と快適空間を売りにするお店も大切にしているのは「心と心のつながったかどうかマニュアルに頼らない現場主義、機転の効いた心の対応こそ「寄り添う」の第一歩かもしれません。

知人がこの秋(10月12日)に結婚式を予定していましたが、経験したことのない最大級の台風が直撃することが決定的になっても結婚式場からの連絡は何もなかった、すべてこちら側からの連絡なので後手の対応となったとぼやいていました。マイクロバスも手配が間に合わず延期せざるを得ませんでした。
この場合、お客様から来た連絡丁寧対応するのは「向き合っている」の領域です。まずは「台風が近づいていますが何かお手伝いできることはございますか?何かありましたらいつでもご連絡ください」といった早い段階での先回り連絡こそ不安を取り除くことであり「寄り添う」の第一歩となると思います。感動をウリにする結婚式場などは特にいざという時の対応が大切だと感じました。

想定を超えるような自然災害が起きる可能性がある昨今、寄り添いながら対応を考える・・そういう姿勢対応力を持った企業重宝される時代ではないかと思います。


上記の記事は弊社の根幹となる哲学「喜びの帝王学」を基にしています。   egokui_s
この喜びの帝王学を探求する手引書「営業革命極意書(著:矢部廣重、本体価格1,718円+税)」の内容をメールでお届けします。登録無料ですので是非ご登録ください。
【登録無料】『営業革命極意書』をプレゼント!
メールアドレス      

 





 

関連記事

無料プレゼントのお申し込み

egokui_s
無料プレゼント!営業革命極意書
メールアドレス